Студопедия Главная Случайная страница Обратная связь

Разделы: Автомобили Астрономия Биология География Дом и сад Другие языки Другое Информатика История Культура Литература Логика Математика Медицина Металлургия Механика Образование Охрана труда Педагогика Политика Право Психология Религия Риторика Социология Спорт Строительство Технология Туризм Физика Философия Финансы Химия Черчение Экология Экономика Электроника

А теперь – проверьте себя!





 

 

Итак, вы познакомились с тем, как японцы выражают свои эмоции с помощью заключительных частиц. Здесь довольно много приемов и правил, и запомнить их сразу нелегко. Поэтому вам предлагается два практических задания для самопроверки и закрепления основнойинформации. Попробуйте их выполнить, если хотите узнать, прочно ли вы запомнили основные правила употребления частиц. По ходу выполнения заданий вы сможете повторить еще раз самое важное из того, что прочитали.

 

Задание № 1 – это список из 240 коротких фраз, в которых используются эмоциональные частицы.

Требуется: определить, правильно ли они употреблены.

 

Большая часть этих фраз составлена правильно, но в некоторых частицы специально употреблены неверно. Прочитайте фразу и дайте свое заключение – верна она или нет. Правильность решения можно тут же проверить по ключу № 1, который приведен после задания.

 

 

Задание № 2 – это список из 100 фраз, в которых используются заключительные частицы.

Требуется: определить принадлежность фразы к мужской или женской речи

Фразы специально подобраны так, что в большинстве случаев понятно, кто “говорит”. В некоторых случаях мужские и женские варианты употребления частиц дополнительно поясняются использованием соответствующих местоимений. Свои ответы вы можете проверить по ключу № 2.

 

Задание № 1

 

11 なんだか分からない。

12 そのかわりか。

13 もっとか。

14 それでか。

15 水をか。

 

    かしら

16 きれいかしら。

16 しつれいかしら。

17 そうかしら。

18 あら、かしら。

19 やってみたいかしら。

 

    やら

20 あしたどうするやら。

21 きみもだったやら。

22 おつまで続くのやら。

23 来年も同じだろうやら。

24 それはいつのことやら。

こと (императив)

25 何もしないこと。

26 5分以内にまにあうこと。

27 ぼくが言いだしたこと。

28 ひどいですこと。

29 先生に会ったろうこと。

 

    な (прохибитив)

30 ばかなことを言わないでな。

32 用事のないものは入るな。

33 不平をおっしゃいますな。

34 そんな大きな声をだしなさるな。

35 まあ、ゆっくりしなさいな。

 

    わ (в женской речи)

36 お気づきにならないでしょうわ。

36 あの子、食べるわ、食べるわ。

37 まあ、すてきだわ。

38 やっぱりあいかわらずわ。

39 いつでもおいでになってくださいわ。

 

      

31 部長は席をはずしていますが。

40 おまえに頼みがあるんだが。

41 ご相談にのっていただきましてが。

42 この人、日本人ですが。

43 お金をかしてもらえるといいが。

 

       かも

44 食事はもう済んでしまいましたかも。

46 そうでしょうかも。

47 兄さんだけかも。

48 だれもいないかも。

49 お父さんもやってみたいかも。

 

       けど

50 休ませていたがきたいのですけど。

51 あの子はもう少しからだが丈夫だといいんだけど。

52 少々お待ちくださいけど。

53 ぼくもそう思っていたけど。

54 この辺は夜はしずからしいけど。

 

         

55 どうしたんだえ。

56 朝早く電話をかけるやつがいるかえ。

57 あたしもその時そう思っていたえ。

58 悪い夢を見ていたんだえ。

59 言われたようにしておくれんかえ。

(в мужской речи)

60 車で迎えに行ってちょうだいわ。

66 いや、少しも似てないわ。

67 生きているから、いたいにきまっていますわ。

68 本人に聞いてみたらどうだわ。

69 ぜひやってみたいわ。

 

        ぞ 

70 あら、時計は動いていないぞ。      

76 いいな、こっちを向くんだぞ。

77 まごまごしやがると、はりたおすぞ。

78 おまえもはやくやりなさいぞ。

79 そんなことを聞いてどうして黙っていられようぞ。

80 あらしが近づいてきますぞ。

81 そう呼ばれたら、振り返るだろうぞ。

82 ここはお寺ですぞ。

83 こんなばかげたことは2度とやるまいぞ。

84 ぼくが悪かった。許してくれぞ。

 

86 今日はいい天気だぜ。

87 おれが呼び出すまでかってに出てはいけないぜ。

88 では、食べさせてもらいますぜ。

89 暑くて体がだるいだろうぜ。

90 とにかく、一度はやってみたらどうだぜ。

91 夏休みの間に、どこかへいっしょに行きましょうぜ。

92 このペンは書けるかどうか、ためしに書いてみろぜ。

93 バケツに水をためましょうぜ。

94 これでいいかどうか、調べてみろぜ。

95 この機械を一度ためしてちょうだいぜ。

 

          よ 

96 気にするのはよしてよ。

97 すぐお休みなさいよ。

98 神さまよ。幸せをあたえてくれ。

99 あいかわらずよ。

100 だれが遠慮するんだよ。

101 彼は人をだますことが上手だろうよ。

102 お上がりくださいましよ。

103 だまって聞いてろよ。

104 その本、私にも見せてごらんよ。

105 女の子がさわいでいるわけでございますよ。

          

106 大水で家がながされたら、どうするい。

106 顔色がよくないですね。どうしましたい。

107 おい、さっさと出ていけい。

108 ほら、やっとできたあい。

109 だまってろ。前の方へ出ろい。

110 明日はぜひいらっしゃいませい。

111 みんな、火事を見に行きましたい。

112 かさをさして歩いているひとはだれだい。

113 みかんをかごにいれたかい。

114 子供がかわのまま、リンゴをかじりますい。

 

          ものか  

115 あんなうそつきの言うことなど、信用できるものか。

116 いくら来いと言われたって、行くものか。

117 あの人なんか、親切なものか。

118 なにが明るい人なもんか。

119 車より早く走れるものですか。

120 日本の夏はインドに比べたら、暑かったものか。

121 あんなむずかしい本がおまえによめますものか。

122 そんな大きな鳥がいるものですか。

123 あのけちんぼうはお金を出すものだろうか。

124 どんなことがあっても負けるものか。

 

          の 

136 あなたに差し上げたいものがあるの。

146 きれいな着物を着、どこへ行くの?

147 来なさいと言ったら、すぐにこっちへくるの。

148 お茶でも飲んだらどうなの?

149 あなたはものおぼえがいいの!

111 わたし、これから出かけますの。

112 これはお母さんからもらった人形ですの。

113 遊んでばかりいないで、たまには勉強しなさいの。

114 あたし、本気なの。

115 お父さん、お母さんいずれかの氏名を記入してくださいの。

 

           

別にたいしたもんじゃないさ。

なにを言ってやがるのさ。

そうさ。本当だぜ。

やり方をかえなければ、何度やっても同じことさ。

べつに意味はないのださ。

行くのか、行かないのか、はやく決めろさ。

あの人の親切さは、ちょっとほかの人にはまねができないだろうさ。

どうしろと言うのさ。何も教えてくれないで。

ちょっと聞いてみただけさ。

学校を休んだのは、頭がいたかったからさ。

 

         とも

しずかだとも。

ええ、心配いりませんとも。

いいとも。いいとも。ほしいものはなんでもあげるよ。

そうとも。

水道の口をひねったが、水は出なかったとも。

落ち着いてくれとも。

よく勉強しなさいよ。― しますとも。

あんな人になんか頼みませんとも。

あの成績なら、かならず合格するにちがいありませんとも。

分かっているとも。

 

        

 

もう遅いから帰ろうや。

テニスをしようや。

あぶないからどいてくれや。

君が行かなければつまらないや。

それはいけませんや。

ほら、部屋にはだれもいないや。

まあ、いいや、何か買ってあげよう。

駅へ行くにはこの道の方が近いだろうや。

まごさんや。せんすを持ってきてくれ。

おい、近所の皆さんや。

 

        

        っけ

学生時代はこの先生にずいぶん叱られたろうっけ。

ああ、いけない。今日はデパートは休みだったっけ。

今日の集会は何時からだっけ。

あなたは日本でなんの勉強をするっけ。

手紙を出して、だれかに宛名を読んでもらえと言われたっけ。

あなたはどちらさまでしたっけ。

子供のころはこの辺でよく遊んだっけ。

あれ、行き先なんだっけ?

あなたは昨日本当に学校へ行っていたっけ。

どうも水が少ないようで、もう少し加えてみましょうっけ。

 

         (эмотив)

宛名を忘れるのじゃないよ。分かったな。 

いったい、そんなにはやくどこへ出て行くの

    でしょうな。

そんな大きな家に住んでみたいなあ。

家まで馬を戻してくださいな。

だれかお金を貸してくらないかな。

そんなことを言われてはこまりますな。

弱ったなあ。

天気がいいから、散歩をしながら話そうな。

そのおいしそうなリンゴ、私にひとつちょうだいな。

当たるとよろしゅうございますな。

 

        だって

あの人に聞いたら知らないだって。知らないはずはないのに。

ぼくぐらい親切な人がないだろうだって、うぬぼれているわね。

まあ、大変よ。ねぎをいけておけだって。

なに、自分の頭を触ってみろだって。

と言ったら、ぜひ一度でも会ってみたいだって。

 

          

なんだと?それができないだと?

つまらないから、もう帰ろうっと。

さて、失礼しましょうっと。

そんな小さなことで怒るはずはないと。

「もう寝ませんか」と聞いたら、「だって、

     まだ9時でしょう」と。

 

        って

あれはだれかって。

なに、どろぼうだって?本当か?

あのかた、来月帰国なさるのですって。

文句ばかり言うなって。

光子さんは陽子がお嫌いですって。

 

       こと (эмотив)

このナイフは本当によく切れること。

あなた、お気持ちが悪いんじゃないこと。

今夜、お伺いしてもよろしいこと?

まあ、きれいな花ですこと。

どういうことがらですか?ちゃんと話して

    くださいこと。

今日はあたたかだこと。

いいこと。お忘れにならないでよ。

今年中にこの仕事をやってしまいたいこと。

面白そうですから、行ってみませんこと?

今日中に晴れるでしょうこと。

 

        

         くせに

あの人なんてまったくお金がないくせに。

始めからすべて知っていたくせに。

あら、東京大学を出ているくせに。

ぐずぐずしていたくせに。

昨日まで、離縁してくれと言っていたくせに。

       

          もの

どうも、上げられないね。これはぼくのもっとも大切なものだもの。

あなたにみんなをお任せしますわ。あなただけが頼りなんですもの。

だって、お金がないんですもの。

そんなことをしていたら命がいくらあっても足りないもの。

働けばお金がとれるもんね。

 

           

時間の余裕があれば、立派な論文が書けただろうに。

もっと利口だったら、そんなことはしないだろうに。

彼女がいなかったら、つらいでしょうに。

天気がよかったら、もっと楽しい旅行だったでしょうに。

あのけがでは、さぞいたかっただろうに。

 

          のう

本当に、それはあぶないのう。

熱がさがったかのう?

おまえはまだ詩にくらいのう。

それはおかしいことだのう。

すばらしいうでまえだのう。

 

          のに

知ってさえいればぼくは手伝ったのに。

父や母の生きているうちに成功すればよかったのに。

ああ、今日ぐらい上手に歌えればいいのに。

そうと存じておりましたら、何かをお口に合うものを取り寄せておきましたのに。

戸をよく閉めておけと言ったでしょうのに。

 

           

でも、あたしだって、向うの学校へ行けば、ひとりじゃなくなるし。

それに海は近いし。

体の方もよくなったし。

いやだとことわるわけにはいかないし。

お兄さんもいらっしゃることだし。

 

        ったら

やめてよ。ね、いやだったら。

ねえ、お母さんたら。

いいかげんに寝なさいったら。

はやくしてったら。おそいなあ。

ええ。本当に気が効かないったら。

 

         ってば

ちょっと待ってってば。いますぐに行くから。

はやく持ってきなさいってば。聞こえないの?

ねえってば。

なんだいってば。

さあ、はやく消えておしまい。はやく消えて

しまえってば。

 

           

         (императив)

あした、もっとはやく来な。

暗いから電気をつけな。

ほしいものはなんでも持って行きな。

勉強が終わったらすぐに寝なよ。

出たならば出た、出ないならば出ないと言いな。

その手紙をご覧な。 

言い付かった仕事をちゃんとやりな。

そう言っておくれな。

なっとくできたらしいな。

スキーに行ってのいいな。  

 

       

КЛЮЧ К ЗАДАНИЮ № 1

Ошибочное употребление заключительных частиц

содержится в следующих фразах:

№ №

 

9 12 14 18 19 20 21 25 26 29 30

33 36 37 43 48 51 54 59 62 65 70

72 74 75 92 95 101 102 104 113 120

121 122 130 131 134 143 146 149 155

163 185 190 215 239 240

 

Все остальные примеры верны.

 

ЗАДАНИЕ № 2

Определите, кому могут принадлежать следующие высказывания. Возможные варианты ответов: мужчине, женщине, пожилому мужчине, пожилой женщине.

聞かせて、はやく。もう少しおくれれば、警察に電話したところよ。恐いけど、あなたの来るのをそりゃあ待ってたのよ。

 

何を言い出すの、ユキエちゃん!それよりも、もうひとりの人って、あなたの知っている人だったの? ... こんなにおそいのでは、そうだったんじゃない?

 

考えてみると、警察だって、ああ発表するしかなかったのさ。

 

母さんには分かるはず、いいえ、本当はだれよりも分かっているはずよ。

 

おい、あんまり気にかけるのはよしてお茶でも飲めよ。そんなところにつっ立ってないで...

 

カズちゃんは、この一週間、兄さんのことでずいぶん騒ぎ歩いているようだよ。かなしいのなら、落ち着いているのが本当だろうに。

 

そうだよ。思い出してたんだ。あの子のこと、お父さんのこと…

 

ね、母さん。こんどこそ、新聞は責任をとるべきよ。

 

何を言ってるのよ。 あなたの方が先口じゃないの?

 

あの人、来るって言ってたわよ。

 

あなた、結婚したら、だんなさまにすべてを吸収されたようね。

 

私が、どんなに苦労しておまえたちを育てていたか、分かるかい?

 

なによ、ふぬけのくせに。 だんなさまってそんなにいいものかしら?

 

なにがいい人なもんか? それならば、私のことをもっと考えてくれたはずじゃないか?

 

あら、めずらしいことを言うのね。あなたが、まるで、自信たっぷり。

 

あなたも、はやくしてみることね。

 

人間なんて、どう代わるか、分からないもんだってさ。

 

人間の本質ってのは、なかなか分かるものじゃないものね。

 

あれだけ書かれて、まだ書いてもらいたいのかい、おまえは?私はもう御免だ!

 

私、ここの仕事、よすことにしたの。ここのお給料では、とても家に送金できないの。

 

やたらに使うと、わが身のためにならなくなる。よいか、それを忘れるな。

 

もうこの辺でよかろうよ。

 

いやよ、いやよ。だれか、はやく、止めておくれ。

 

あんまりかたくしめるなよ。

 

えーと、こちらは鼻の医者、鼻のことなら、直しこじれの病気であろうと、なんどか治してやりましたわい。

 

まあ、おひとりで、よかってこと。

 

うん、そうだっけ。表であおぐと、伸び出して、裏であおぐと、縮んでしまう。

 

こうなれば、このたからもの、あの神さまにお返ししなくちゃなるまいな。

 

へえ、変なもの。なんだろうな?これ、これ、母ちゃん、来て見なよ。

 

そうなって、おおぎを落としてしまっては、もう、どうにもならないや。

 

いつ見ても、大きい木だなあ。なん百年になるかしら。

 

なんだって、わしがエノキのおしょうだって?どこのばかめが、そんなことを言うのかい?

 

あの木のナシがたいそううまいの。それで、それを届けに来ました。とっちゃんと食べてください。

 

ねえ、まごさんや。ちょっと、家まで馬を戻してくださいな。

 

のどがかわいているんだが、枝が高いや。

 

ヨコさんは、口にふくんだ水をその人にかけて、「あなたの頭を冷やしてあげる」と言って、あの時ったらね。

 

ハルコさん、そう怒らないでよ。

 

姉さんっておかしいのね。だれも帰るなんて言わないのに。

 

姉さんが言ってたわ。ミツコさんはヨコさんがお嫌いなんですって。

 

泣かないで、ね、ヨコさん。わたし、一番あなたの泣き顔がつらいのよ。

 

ええ、本当のことよ。あなたはかれの奥さんですもの。

 

お父さんには公人の資格がないんだってこと、忘れないでよ。

 

ああ、困ったな。こんな木が生えているから、こんな目にあう。

 

なんだって、ねぎをいけろ、と?

 

あれ、まあ、おかしなダンゴだのう。

 

あ、郵便屋さんだぞ。手紙がきたかな。

 

そんなに隠しても、もうみんなが知っていますぜ。

 

このナイフは本当によく切れること。

 

あなた、お気持ちが悪いんじゃないこと?

 

そんなことはなさらない方がいいことよ。

 

あしたは、みんな、9時までに集まること。

 

これも食べてはいけないって、それじゃ、なにを食べればいいのさ。

 

気をつけろい。あぶないじゃないか。

 

ジュンちゃん、忘れちゃだめよ。あなたそれでも大学出ているってこと。

 

短大卒ってのは、今のところ、かたがきの内に入らないのよ。

 

なのに、請求もされないのに支払い始めちゃったのね。

 

そうむきになられては困るよ。おれには、新聞社にどなりこむ

   ほど自信はないと言うだけさ。

 

おれ、この新聞を見て思い出したんだよ、さっき。

 

よくないくせね。そう言うのを貧芝性って言うのよ。

あら、それ、あの時にあたしが言ったことよ。

 

暴力追放なんて、まだまだだめだね。

 

冗談じゃないわよ。お嬢さん!あんなに付き合ってたら、消えてなくなるほかないわよ。

 

父親は軍人に殺されたんだよ。

 

次郎!始めるぞ!仕事だ、仕事だ!

 

黙っていらっしゃい。あなたにどれだけの働きがあるって言うのよ。

 

あたしなら恥ずかしくって、その場で死んでしまうと思うけど、あの娘なんてことなく生きてるわね。

 

これじゃ、景色だけ写ってるの以外見せられなくなっちゃう。実際ひどいものねえ、こう言うことで落ち始めると…

 

このわけがおまえに分かるかよ。

 

本当かって。きみ、ぼくを信用しないのか?

 

うん、みんな、まだグランドにいるかもよ。

 

ばかいうな。そんな鳥がいるもんか。

 

まあ、すっかり立派になっちまって… せんりょうとみに当たったってなあ。

 

おまえというかわい恋女房がありながら、そんなことをするもんかよ。

 

冗談じゃない!そんな長ったらしいことが言えるもんかい。

 

まあ、そうですね。20人ぐらいなら、集められるかもね。

 

不平をおっしゃいますな。

 

もういいよ。そのかわり、手紙をご覧な。

 

とにかく、 試してみることよ。

 

あの町でプロとしてやってゆくためには、自分以外の人間はみんな敵だというくらいの覚悟がなくちゃだめだということを、よく覚えておくことね。

 

緊急の場合のほかは、タクシーに乗らないこと!

 

姉さん、それならこれから3人して、この家をよく調べてみないこと?

 

今夜お伺いしてもよろしいこと?

 

それ、見ろ。そろりそろりと来たわいな。

 

そうとも。どこでももちつきさ。むかしから決まっているわい。

 

法律はなんのためにあるか、あなたは知っているの?それはやぶるためにあるものよ。

 

若い時はことに、これでおしまいだなどと考えたがるものさ。

 

そう、よい奥さんにおなりですものね。

 

わしにだってできるわさ。

 

いちいち言うこと







Дата добавления: 2015-08-27; просмотров: 317. Нарушение авторских прав; Мы поможем в написании вашей работы!

Studopedia.info - Студопедия - 2014-2022 год . (0.192 сек.) русская версия | украинская версия